ようこそ夢ある転職場へ

あれは忘れることのできない日の事だった。プラットホームで出くわした奴は私を呼ぶかごとく私に近づくような甘い蜜を垂らしていた…

その蜜を求めるかのごとく私はそっとやつを取った。

人としてではなく、本能でそれを求めていた。その時私は気付いたのである本能で人は「働く」ということを求めていると。

そして、できれば魅力ある求人に転職をし、夢を叶えて行きたいということを人は生まれながらにしてそれを求めている。

それは、何年と続き形成されたDNAに組み込まれているのであろう。

人が求めそしてその求めに応じて変化をしていく。それが求人と転職・・・

この昭和28年8月のプラットホームで出くわした求人広告に私は応募した。

かつての敵であるあの部長に復讐をするために。私はこの地に戻ってきたのである。

人は「地元からの再スタート」と言うであろうが、私はこの次元の企業に転職しそこからこの復讐心を形に変えていく。

真夏の暑さから出た汗なのか、それともこの熱い思いが体温となり吹き出した汗なのかはわからないが、確かに握っているタオルに汗が移っていくことがわかる。

時々私の方を心配する駅員がいた。彼の案内で社屋の中に入り、案内役を待った。

地元の企業というが、必ずここから大きな会社になる。私は東京目黒区のハローワークでこの会社の求人を見た時に革新したのだ。ここに転職し、今までどおりの成果を上げることができればきっと前にいた会社を追い抜くだろう。

私はそう決意した・・・・未だ会社からの迎えは来ない。

 

 

 

 

 

これは、私が尊敬する作家「牙山廣臨」の「御免」の小説の冒頭である。

人は生まれながらにしていいところで働きたいと思うのでしょう。だからこそ転職し次の職場に縣ける。正に夢を探す旅をしているのでしょう。

そう、ここではそうした夢に向かい応募する若者が転職した経験を語る場所です。つまり、ホムカミのように実際に応募してみて転職するとこうなった。と言うわけですね。

やはり転職も人との出会いですから、そこには涙が時にはあり、笑いがある。挫折があれば嬉しさもある。そうです。ラオウがいるからトキがいるように幸福と不幸は隣り合わせのようなものです。

私達はそうした転職で何を求めているのかも違います。私は出会いを求めています。あわよくばもう30なのでその職場で結婚を考えています。あるものはただ単に応募して握手券を購入したい。そのための資金が欲しいと思っているもの。そうしたいろいろな思い出私達の文章が出来上がっていきます。

是非コチラを読んで頂き、転職も捨てたもんじゃないということを理解して頂ければと思います。