かわかみ鍼灸整骨院-鍼灸整骨院スタッフへ転職

尾川真登香さんが前にしていた仕事

介護老人保健施設で働いていました。ヘルパー2級を持っていたので出来ることが多くて他の人より多くの事をさせてもらっていました。

 

何故、このかわかみ鍼灸整骨院へ転職しようと思ったのか?

ヘルパーの仕事を継続的にしていても問題は無いといえばなかったのですが、以前仕事をしている勤務時間がとても長かったので体力的に無理がありました。仕事に追われていて家族との会話の時間もりませんでした。家族で会話をする時間が絶対的に必要だと感じたのは子どもの態度が変わったからです。このままでは、家族でなくなってしまうと感じたので転職を考えました。

 

面接で言われたこと

今までの介護老人施設でも経験が活かせる部分は十二分にあるだろうと面接では言われました。患者様の心の問題を第一に考えて行動するところは鍼灸整骨院でも、介護施設でも同じです。介護施設での、その経験があれば必ずここでも患者さんの事を考えた診察が出来ると面接の段階で言ってくれました。

 

実際に転職してみて

今の仕事について

介護の仕事が辛かったという分けではありませんが業務をしている時間が介護施設の時よりハッキリとしているので本当にやりやすい環境になったと思いました。しかも子どもと話せる時間が多くなりました。

 

仕事していて感じる充実感

介護施設と比べることは出来ませんが、患者が毎日笑顔で鍼灸医院に来られるのは、本当に健康っていい物だと思います。患者さまから「風邪などひかんようにね」と温かい言葉をかけられた時には、本当に泣きそうになるくらい嬉しくてこの仕事をしていて良かったと思います。

かわかみ鍼灸整骨院-鍼灸整骨院スタッフへ転職を書いた私の紹介

名前 はまぐりの休日
趣味 はまぐりの塩ゆで
特技 はまぐりにカルパスを食べさせる事
すきな食べ物 ホタテ
嫌いな食べ物 はまぐり