イベントスタッフへ転職!


このご時世仕事を見つけるのは簡単…、というと甘いと言われるかもしれませんが、仕事を選ばなければ案外と仕事は見つかるものです。なぜかって、そうでなければ求人誌はあんなに仕事で溢れていないからです。あのように沢山のコンテンツがあるということはそれだけ人を渇望している職場が多いということです。

私の知人、坂本というのですが、彼は一風変わった人間で、仕事の愚痴をこぼさない代わりに、ある時ふと仕事を辞めてしまうのです。私は何故そんなに仕事を転々とするのかと尋ねたことがあるのですが、そんな彼は私に驚くべき言葉を言ったのです。

「仕事は人の数だけある。できることなら沢山の人に出会いたいじゃない」

なんということでしょう。彼は特定の仕事を長く勤めることに何ら価値を持っていないようです。そして彼の次の仕事はイベントの設営スタッフ。今までデスクワークの仕事をしていたのにいきなり体力勝負の仕事です。大丈夫かと電話で言ったのですが、またしても彼は驚くべき言葉を言ったのです。

「タダでアイドルの近くにいれるんだよ。それでお金になるなら転職するしかないじゃない」

なんということでしょう。彼は「芸能人に会いたい」。それだけの理由での転職だそうです。しかし彼を見ていると、何となく信念というか、自由に生きたいという強さを感じます。

「サラリーマンは気楽な稼業」とよく言われますが、確かにそうかもしれません。大切なのは、人生の中で自分を見出すことということを思わされます。